子宮がんを患ってしまう主な原因

子宮がんは、子宮頸がんと子宮体がんの2種類がありますが、日本人の80%以上は子宮頸がんです。

 

じつのところ、こんなに医学が発達した現在でも、子宮がんになる原因ははっきりと解明されいません。ですが、パピローマウイルスが主な原因であることが分かってきています。

 

このウイルスには100種類以上もの型があり、そのなかの数種類が、子宮頸がんなどを発癌させることに関与している可能性が非常に高い。

 

もしも、子宮頸がんになった場合、オリモノの異常な悪臭で気がつくと思います。

 

パピローマウイルスは「尖圭コンジローマ」として、男性の性器にブツブツとしたイボを作ることでメジャーな性病なのですが、セックスで女性器に感染します。

 

 

忙しい人には、病院より安くて便利な検査キット

▽▽▽


 

 

パピローマウイルスが引き起こす「尖圭コンジローマ」という性病は男性器はもちろん、女性器にもイボを作るのですが膣内にイボが出来ると見た目でわからず、イボには痛みもありません。これが発見を遅らせる原因となっています。

 

 

子宮体がんの原因の方は、女性ホルモンの一つであるエストロゲン減少が原因とみられています。このため、子宮体がんの方は閉経した高齢女性に患者数は多い。

 

 

「まんこが臭い・黒ずみ・痒い」と感じたらこちら

▽▽▽